<投資家Q&A-012>メディシノバ 契約一時金の計上日と入金日

- Advertisements -

メディシノバが導出した際の契約一時金の計上日および入金日についてご質問を頂きました。

・質問内容(一部抜粋)

上場廃止についてかなり時間が迫ってきましたが、製薬企業が導出契約を結ぶ場合、契約締結後、一時金支払いの間隔はどの程度の時間を要するものでしょうか。

私の経験する機械業界では、対象業界、機器タイプによりますが、特許契約、製品開発契約後、一時金の支払いは早くて2カ月後、通常3カ月は要します。

ご経験から、判断できる材料ありましたらご回答いただければと思います。

 

ご質問者様の経験する機会業界と同じ様に、製薬業界でも契約締結後から契約金またはその一部が支払われるまでにある程度の時間を要します。

メディシノバを含む上場企業の場合、契約金の額にもよりますが契約後から最初の支払いがされるまでに遅くとも3ヶ月以内が目安となります。契約日から入金日までの直近の事例を図表1にまとめました。

(図表1:契約日と入金日の一例 作成:SKブログ)

また、導出による契約一時金の売上計上日は入金日ではなく、契約締結日が一般的です。メディシノバが導入する国際会計基準(IFRS)では、収益(売上)について「1.顧客との契約を識別する、2.履行義務を識別する、3.取引価格を決定する、4.履行義務へ取引価格を配分する、そして最終的に、5.履行義務が履行された時に収益を認識する。」と明記されています。

さらに収益の認識日についても細かく明記されており、導出による契約一時金は権利確定基準で、マイルストーンやロイヤルティは発生主義で収益日を認識します。

よってメディシノバが2019年12月31日までに導出契約をまとめた場合、入金が2020年にずれこんだとしてもその一時金は会計上2019年度に計上され、メディシノバのJASDAQの上場は維持されることになります。

<調査銘柄の概要>
4875 : メディシノバ / MNOV : MediciNova
住所 : (日本支社)東京都港区西新橋1-11-5-5F / (本社)4275 Executive Square, Suite 300, La Jolla, California
電話番号 : 03-3519-5010 / 1-858-373-1500
HP : https://medicinova.jp / https://medicinova.com

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT