<投資家Q&A-019>メディシノバ 上場廃止決定後のJASDAQとNASDAQの株価乖離について

メディシノバ株のJASDAQ上場廃止が決定した場合のJASDAQとNASDAQの株価乖離についてご質問を頂きました。

・ご質問(抜粋)

メディシノバはジャスダックとナスダックに同時上場してます。
そして現在、ジャスダックでは上場廃止の不安を抱えていますが、ナスダックには上場廃止の不安はありません。

万が一ですが、ジャスダックでの上場廃止が決まった場合、証券会社によっては移行されるということですが、ジャスダック株価の下落は避けられないと思いますが、上場廃止の不安のないナスダック株価はそこまで下落しないのではないかと思っています。

ですので、上場廃止決定後にはジャスダックとナスダックの株価に格差ができるのでないでしょうか?
上場廃止後に移行される場合も、株価格差がついた状態での以降となり、現在のように「ジャスダック株価=ナスダック株価」での取引できないと考えますがいかがでしょうか?

 

株価はファンダメンタルな要素とセンチメンタルな要素の2つで構成されていると言われています。そのため、株価とロジカルに算出される企業価値との間には大きな乖離が生まれるのが常です。

質問者様のご意見は私もごもっともとは思うのですが、私の考えでは上場廃止が仮に決定した場合、JASDAQ市場でもNASDAQ市場でも株価がある程度下落した後、両市場間で株価は収束するだろうと推測しています。

センチメンタルな要素が株価を押し下げ、ファンダメンタルな要素(企業価値)が下げのボトムを形成するからです。

さらに両市場間の株価が収束するとするもう一つの理由が「同一価値のモノが複数市場に上場している場合、その価格は市場間で収束する」という原則です。メディシノバのJASDAQ市場とNASDAQ市場の株価も例に漏れず同原則に当てはまることになると私は思います。

また、その収束ポイントは簡易な統計分析を行った結果「1株あたり759円~883円」が目安となっています。分析方法やより詳細な結果は「<投資家Q&A-003>メディシノバ JASDAQ上場廃止ケースのNASDAQ時価総額テクニカル分析」をご参考下さい。

結論として、仮に上場廃止が決定したとしても、取引可能期間中のJASDAQ市場におけるメディシノバの株価と変わらず上場維持がなされるNASDAQ市場におけるメディシノバの株価は同程度になると推測し、その価格は1株あたり759円~883円と予想していいます。

<調査銘柄の概要>
4875 : メディシノバ / MNOV : MediciNova
住所 : (日本支社)東京都港区西新橋1-11-5-5F / (本社)4275 Executive Square, Suite 300, La Jolla, California
電話番号 : 03-3519-5010 / 1-858-373-1500
HP : https://medicinova.jp / https://medicinova.com

Recent Comments