<投資家Q&A-027>メディシノバ NASDAQ市場の空売り残高とその行方

- Advertisements -

NASDAQ市場における大量の空売り残高についてご質問を頂きましたのでお答えします。

<質問>(一部抜粋)
近年NAS市場では売り残が320万株程度継続してあるように思います。導出ー株価高騰の際この売り残と売手の動きが気になります。

私は導出発表後の半月で株価が上下しながら1000円~6000円になると仮定した場合2~3000円で500万株ぐらいクロス買いするか又は大口から合法的に水面下でクロス買取する契約があるのでは、、、等々勝手な想像をしております。

いずれにせよ売り残は買い上がるエネルギーとして使われしばらくは減らなのではと思ってます。
色々な可能性、ストーリーがあると思いますがSKさんはこの売り残はどのように動くと考えておられるかお聞かせねがいます。

<回答>
NASDAQ市場におけるメディシノバ株の300万株超の空売り残高の内訳は公開されていないため、非常に意見が異なるトピックかと思います。

まずは過去1年間のNASDAQ市場におけるメディシノバ株の空売り残高をご参照下さい(図表1)。

(図表1:空売り残高と株価 作成:SKブログ)

図表1から過去1年間にメディシノバ株の空売り残高は300万株を常に上回っていました。また、視覚的に空売り残高と株価とのマイナスの相関関係は無いように思われます。

(図表2:空売り残高と株価の相関関係 作成:SKブログ)

図表2では図表1のデータを用いて空売り残高と株価のプロット図を作成しました。グーグルスプレッドシートによって作成した図表のため、寄与率(R^2)が図表中に表示されていますが、相関係数(R)の値はR = 0.303です。

上記データは24のペアで構成されており、R = 0.303は統計的に有意な値ではありません(n=24の場合、R >= 0.40 において有意水準 =< 0.05 となる)。

空売り残高と株価のRがプラスであること、さらに1年間を通して空売り残高と株価の相関係数が認められなかったことからも、個人・企業によるトレーディングによる利ざやを狙った空売りとは言い難いです。

それよりも、インバース型の投資信託にメディシノバ株が組み入れられている可能性が高いのではと私は予想しています。

*インバース型投資信託:対象となる指数とマイナス倍率の値動きをする投資信託。

メディシノバ株の筆頭株主としてBlackRockが名を連ねていますが、同社メディシノバ保有分の約56%が投資信託として組み入れられています(詳しくは「メディシノバ 筆頭株主BlackRockの保有理由」を参照下さい)。

それらはRussell 2000指数やBiotechnology指数とプラス倍率の値動きをする投資信託です。

反対に、インバース型のRussell 2000投資信託であるProShares Short Russell2000 ETFやBiotechnology投資信託のProShares UltraShort Nasdaq Biotech ETFも存在します。

相関係数がプラスであることや相関関係に有意性が認められなかったこと、さらに比較的安定した推移で%

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT