メディシノバ コロナウイルスとMN-166(イブジラスト)の重症肺炎および急性呼吸窮迫症候群(ARDS)適応の関係性

- Advertisements -

<当記事は2020年03月13日にSKメルマガで配信されたコンテンツの一部になります。>

<当記事はSKブログへの転載ルール「同内容がメールマガジンで配信された日にちから10日以降」に基づき掲載されます。>

 

メディシノバが2020年3月10日に公開した資料「重症肺炎および急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を対象としたMN-166(イブジラスト)の開発開始に関するお知らせ」において、岩城社長は「インフルエンザやコロナウイルスの世界的流行を考慮すると、重症肺炎やARDSなどへの効率的で安全な治療法を開発することは非常に重要です。MN-166 は、その抗炎症作用と ARDS 動物モデルスタディの良好な結果に基づき、重症肺炎および ARDS患者の治療に大きな可能性を秘めていると考えています。(抜粋)」とコメントを残しました。

同資料に関して、数名のSKメルマガご購読者よりコロナウイルスの治療薬としての注目が集まるかと質問を受けましたが、MN-166(イブジラスト)の長年の歴史において抗ウイルス作用は認められていないため、コロナウイルス治療薬として注目を浴びることは無いでしょう。

イブジラストと同様の気管支治療薬であるシクレソニドがコロナウイルス治療薬となる可能性についてメディアが話題に上げましたが、これはステロイド系のシクレソニドが抗ウイルス作用も持つ化合物であると発見されたからであり、イブジラストの作用とは無関係です。

しかし、重症肺炎やARDSはウイルスによっても引き起こされる疾患のため、コロナウイルスの治療法として、抗ウイルス剤と併用してイブジラストが用いられる可能性は捨てきれません。

 

<ーーSKメルマガご購読者限定内容ーー>

 

肺水腫は心臓の疾患によって引き起こされる心原性肺水腫と、心臓疾患以外で発症する非心原性肺水腫の二つに区分され、肺胞内へ水分が漏出することにより呼吸困難を引き起こします。

 

<ーーSKメルマガご購読者限定内容ーー>

 

さらに、その効果の信頼度も統計学的に満点の結果を得ることが出来ました。

これはメディシノバが長い時間を掛けてイブジラストの効果を検討した結果であり、これはコロナウイルスが世界に広まってから行ったのでは時間が短すぎます。

よって私は、今回のMN-166の重症肺炎および急性呼吸窮迫症候群(ARDS)を適応とする新パイプラインはコロナウイルスが理由ではなく、もともと開発を検討していたものであると推測します。

 

 

 

<調査銘柄の概要>
4875 : メディシノバ / MNOV : MediciNova
住所 : (日本支社)東京都港区西新橋1-11-5-5F / (本社)4275 Executive Square, Suite 300, La Jolla, California
電話番号 : 03-3519-5010 / 1-858-373-1500
HP : https://medicinova.jp / https://medicinova.com

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT