メディシノバ MN-166(イブジラスト)のARDS動物モデルスタディの解説(血清および肺組織炎症性サイトカイン編:下)

- Advertisements -

<当記事は2020年03月18日にSKメルマガで配信されたコンテンツの一部になります。>

<当記事はSKブログへの転載ルール「同内容がメールマガジンで配信された日にちから10日以降」に基づき掲載されます。>

 

(図表1:血清および肺組織における炎症性サイトカインに対するイブジラストの影響 作成:SKブログ)

B:血清中における炎症性サイトカインの定量分析

A:肺組織における炎症性サイトカインおよびGAPDHの発現水準の分析では、ウェスタンブロッティング法により炎症性サイトカインの量を膜に転写することで測定します。

B:血清中における炎症性サイトカインの定量分析では、Aのウェスタンブロッティングとは異なりELISAという方法により測定しています。

ELISAは試料溶液中に含まれる目的の物質を、酵素反応を利用して検出・定量する方法です。

Aと同じようにまず、「健康体」グループと「LPS投与」グループにおいて、LPSを投与した場合にしっかりと(TNF-a・IL-1β・IL-6・MCP-1)が増加しているかを解析しています。

その結果、LPSを投与したマウスは炎症性サイトカイン(TNF-a・IL-1β・IL-6・MCP-1)がそれぞれ、TNF-a:9倍、IL-1β:約9倍、IL-6:約9倍、MCP-1:約3倍に増加することが立証されました(全てにおいて、p < 0.001)。

続いて、「LPS投与」グループと「LPS投与+イブジラスト3.75mg / kg」グループおよび「LPS投与+ イブジラスト7.5mg / kg」を統計解析することで、イブジラストが炎症性サイトカイン(TNF-a・IL-1β・IL-6・MCP-1)を減少させるかどうかを検証しています。

その結果、「LPS投与+イブジラスト3.75mg / kg」グループでは「LPS投与」グループに対して、TNF-a:約25%(p < 0.05)、IL-1β:約25%(p < 0.01)、IL-6:約30%(p < 0.001)、MCP-1:約20%(p < 0.01)の抑制効果が得られました。

「LPS投与+ イブジラスト7.5mg / kg」グループでは「LPS投与+イブジラスト3.75mg / kg」グループよりもさらに効果が見られ、「LPS投与」グループに対して、TNF-a:約75%(p < 0.001)、IL-1β:約75%(p < 0.001)、IL-6:約75%(p < 0.001)、MCP-1:約50%(p < 0.001)の抑制効果が得られました。

「LPS投与+ イブジラスト7.5mg / kg」グループの血清中における炎症性サイトカイン抑制効果は、統計的にこれ以上無いほど力強い結果となりました。

以上、A、Bより、イブジラストは血清および肺組織における炎症性サイトカイン(TNF-a・IL-1β・IL-6・MCP-1)の抑制に効果を発揮すると判断されました。

 

当記事のご購入は、SKブログ記事8本分(序章・肺水腫編:上下・血清および肺組織炎症性サイトカイン編:上下・肺組織ケモカイン編・肺組織におけるアポトーシスおよび総括編:上下)に該当致します。


 

<調査銘柄の概要>
4875 : メディシノバ / MNOV : MediciNova
住所 : (日本支社)東京都港区西新橋1-11-5-5F / (本社)4275 Executive Square, Suite 300, La Jolla, California
電話番号 : 03-3519-5010 / 1-858-373-1500
HP : https://medicinova.jp / https://medicinova.com

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT