メディシノバ MN-166(イブジラスト)のARDS動物モデルスタディの解説(肺組織アポトーシス編:上)

- Advertisements -

<当記事は2020年03月18日にSKメルマガで配信されたコンテンツの一部になります。>

<当記事はSKブログへの転載ルール「同内容がメールマガジンで配信された日にちから10日以降」に基づき掲載されます。>

 

(図表1:肺組織におけるアポトーシスに対するイブジラストの影響 作成:SKブログ)

図表1では、LPS誘発ARDSマウスにおける、A:細胞アポトーシスの検出、B:細胞アポトーシス因子であるBcl2・Bax・Cleaved caspase3・Caspase3、およびGAPDHの発現水準の分析を表しています。

 

A:アポトーシスの検出

TUNEL法により肺組織のアポトーシスを検出しています。

アポトーシスとは、個体をより良い状態に保つために積極的に引き起こされる、管理・調節された細胞死を意味します。肌のターンオーバーもアポトーシスによって引き起こされます。

TUNEL法は、アポトーシスを起こした細胞の断片化DNAを染色し、蛍光顕微鏡などで検出する方法です。

図表4のAでは各グループ(Normal・LPS・LPS+IBU 3.75mg/kg・LPS+IBU 7.5mg/kg)のアポトーシスの発生をそれぞれ見ています。

アポトーシスの発生が多く検出されると、それだけ細胞死を引き起こしていることに繋がります。

結果として、視覚的に「LPS投与」グループでは肺組織の炎症により細胞死が活発に起こっている事がわかり、「LPS投与+イブジラスト3.75mg / kg」グループと「LPS投与+イブジラスト7.5mg / kg」グループでは、「LPS投与」グループに対してアポトーシスの発生を抑制されました。

 

当記事のご購入は、SKブログ記事9本分(序章・肺水腫編:上下・血清および肺組織炎症性サイトカイン編:上下・肺組織ケモカイン編・肺組織におけるアポトーシス編:上下・総括編)に該当致します。


 

<調査銘柄の概要>
4875 : メディシノバ / MNOV : MediciNova
住所 : (日本支社)東京都港区西新橋1-11-5-5F / (本社)4275 Executive Square, Suite 300, La Jolla, California
電話番号 : 03-3519-5010 / 1-858-373-1500
HP : https://medicinova.jp / https://medicinova.com

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT