メディシノバ MN-166(イブジラスト)のARDS動物モデルスタディの解説(総括編)

- Advertisements -

<当記事は2020年03月18日にSKメルマガで配信されたコンテンツの一部になります。>

<当記事はSKブログへの転載ルール「同内容がメールマガジンで配信された日にちから10日以降」に基づき掲載されます。>

同スタディの1〜4を通して、肺水腫の治療効果、ならびに、肺組織における炎症および細胞死を抑制する効果がイブジラストに認められ、重症肺炎やARDS治療薬として成り得る可能性を示しました。

また、その効果のメカニズムは免疫阻害作用を伴わないため、感染症などで引き起こされた肺炎治療薬として非常に有望です。

治療薬が存在しないARDS疾患において、本スタディの結果はイブジラストが同治療薬の非常に有望な選択肢であることを示しました。

 
<ーーSKメルマガご購読者限定内容ーー>
 
 
<MN-166(イブジラスト)のARDS動物モデルスタディの解説シリーズの記事リンク>
序章-評価方法
肺水腫編:上
肺水腫編:下
血清および肺組織炎症性サイトカイン編:上
血清および肺組織炎症性サイトカイン編:下
肺組織ケモカイン編
肺組織におけるアポトーシス編:上
肺組織におけるアポトーシス編:下
総括編

 

当記事のご購入は、SKブログ記事9本分(序章・肺水腫編:上下・血清および肺組織炎症性サイトカイン編:上下・肺組織ケモカイン編・肺組織におけるアポトーシス編:上下・総括編)に該当致します。

 

<調査銘柄の概要>
4875 : メディシノバ / MNOV : MediciNova
住所 : (日本支社)東京都港区西新橋1-11-5-5F / (本社)4275 Executive Square, Suite 300, La Jolla, California
電話番号 : 03-3519-5010 / 1-858-373-1500
HP : https://medicinova.jp / https://medicinova.com

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT