メディシノバ『ARDS(急性呼吸窮迫症候群)の患者数および医療費市場規模とARDSに対するMN-166の売上市場規模の推定(前編)』

- Advertisements -

当記事は2020年04月19日にSKメルマガで配信されたコンテンツです。

当記事はSKブログへの転載ルール「同内容がメールマガジンで配信された日にちから10日以降」に基づき掲載されます。

 

メディシノバが開発を開始した新型コロナウイルス感染によるARDS(急性呼吸窮迫症候群)の米国における患者数および医療費市場規模、さらにはARDSに対するMN-166(イブジラスト)の売上市場規模の推定を本記事で行います。

最新の論文によると、米国におけるARDS患者の人口に対する割合は、10万人に対して年間64.2〜78.9人と結論付けられています。

その割合を用いて米国の人口約3億3060万人に置き換えると、年間約21〜26万人のARDS発病者が存在することとなります。

また、致死率40%のARDS患者は例え生還したとしても高次脳機能障害による認知機能障害などの大きな後遺症や、肺機能障害を患うことが多いです。

よって退院後も継続的な通院が必要であり、こういった生還者も含めると年間約12〜15万人の元ARDS患者が存在します。

このように、ARDSは生還後の人生にも関わってきますが、基本的にARDSは以下3つのフェーズに区分されます。

 

<– 複数段落省略:SKメルマガ限定コンテンツ –>

 

ここで上記定義の下、医療費市場規模の推定に移ります。

ARDSの滲出期(急性期)では、殆どの場合でICU(集中治療室)での治療を受けることになります。

 

<– 複数段落省略:SKメルマガ限定コンテンツ –>

 

さて、ここでMN-166(イブジラスト)をどのフェーズにおいて投与するかを検討します。

 

<– 複数段落省略:SKメルマガ限定コンテンツ –>

 

これにより、二つのターゲットが設定されます。

 

<– 後編に続く –>
 

SKメルマガ配信コンテンツ(省略無し全文)のご購入は、メディシノバ『ARDS(急性呼吸窮迫症候群)の患者数および医療費市場規模とARDSに対するMN-166の売上市場規模の推定(前編 / 後編)』の記事2本分に該当致します。


 
■新たにメールマガジン購読を希望される方

以下のリンクにて、契約内容をご確認の上お申し込み下さい。
URL:https://skblog.me/mail-magazine

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT