【閲覧制限なし】<投資家Q&A-060-2>メディシノバ『石坂芳男氏の退任について』

- Advertisements -

<当記事は2020年04月26日にSKメルマガで配信されたコンテンツです。>

<当記事はSKブログへの転載ルール「同内容がメールマガジンで配信された日にちから10日以降」に基づき掲載されます。>

 

これまで、SKメルマガご購読の皆様からEメールにて沢山のご質問を頂戴致しました。

重複するご質問に対してはメルマガコンテンツとして詳細な情報を元に纏め上げ、ご購読の皆様へ配信してまいりました。

対して、個別への回答に関しては短文かつ簡潔に回答をさせて頂いております。

そしてこの度、一定数以上のご質問が集まったため、同内容をSKメルマガご購読の皆様と共有したいと存じます。

なお、ご質問の内容に関しては一部修正が施されている箇所もございます。

 

<質問:2020年4月16日>

石坂氏退任のご解説お願いすることはできますでしょうか?

健康上の理由とする一方、IT系のベンチャー役員就任との情報もあるようですが‥

https://medicinova.jp/wp/wp-content/uploads/2020/04/04162020.pdf

 

<回答>

石坂芳男氏のメディシノバ取締役退任の件でご質問を承りました。
https://medicinova.jp/wp/wp-content/uploads/2020/04/04162020.pdf

仰る通り、同氏は2020年3月27日にサイバーセキュリティクラウド社の社外取締役に就任しております。
https://www.cscloud.co.jp/news/press/202003272451/

そして、メディシノバ退任の理由として、健康上の理由が挙げられております。

同氏はご高齢(齢80歳)のため、複数の会社(特にコロナウイルス感染者が多い海外の会社)での社外取締役の兼任が難しくなったことがキッカケになったと思われます。

しかし、同氏が退任する影響は無視して構いません。

そもそも同氏の強みは販売戦略などのマーケティング分野であるため、現状販売するものが無いメディシノバにとって、同氏に頼るところは殆どありません。

よって、同氏の目線では「メディシノバを切った」形となりますが、メディシノバにとっても「辞めてもらって構わない存在」であることが伺えます。

 

■新たにメールマガジン購読を希望される方

以下のリンクにて、契約内容をご確認の上お申し込み下さい。
URL:https://skblog.me/mail-magazine

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT