《メルマガ会員》製薬・創薬業界『6種類のワクチンの解説(前編:遺伝子系ワクチン)』

- Advertisements -

<当記事は2020年07月29日にSKメルマガで配信された号外コンテンツの一部です。>

当配信ではワクチンの知識として抑えておくべきことを解説します。

2020年7月28日のアドホック配信「メディシノバ『Covid-19ワクチン:アンジェスのDNAワクチンに勝るメディシノバのベクターワクチン』」でも述べたように、ワクチンは対象のウイルスに対する免疫反応を人体にもたらすことが目的です。

人体の免疫反応には「液性免疫」と「細胞免疫」の2つの免疫が存在し、血液中の抗体によってウイルスを排除する免疫を「液性免疫」、免疫細胞(キラーT細胞)によってウイルスを排除する免疫を「細胞免疫」と呼びます。

そしてワクチンには「液性免疫」と「細胞免疫」の両方の作用をもたらす遺伝子系ワクチンと、「液性免疫」のみの作用をもたらすタンパク質系ワクチンの2つに区分されます。

季節性インフルエンザやB型肝炎のワクチンをはじめ、世に流通するほとんどのワクチンがタンパク質系ワクチンです。

Covid-19によりメディシノバのウイルスベクターワクチンやアンジェスのDNAワクチン、モデルナのmRNAワクチンなどの言葉がメディアでも飛び交っていますが、これらは全て遺伝子系ワクチンであり、タンパク質系ワクチンに比べると歴史も実績も浅く、新世代のワクチンと言えます。

そして現状では上記3種類の遺伝子系ワクチンに加え、3種類のタンパク質系ワクチンが存在します(図表1)。

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT