《メルマガ会員》メディシノバ『ClinicalTrials.govにおけるMN-166の進行型MSフェーズ2b治験のアップデート』

- Advertisements -

<当記事は2020年07月31日にSKメルマガで配信された号外コンテンツの一部です。>

ClinicalTrials.govにおいてMN-166の進行形多発性硬化症(PMS)フェーズ2b治験のアップデートが2020年7月28日に投稿されました(アップデートは2020年7月13日に完了)。

・Safety, Tolerability and Activity Study of Ibudilast in Subjects With Progressive Multiple Sclerosis
https://clinicaltrials.gov/ct2/show/results/NCT01982942?term=ibudilast&draw=2&rank=11

 

同件に関して多数の読者様より解説のご依頼を頂戴しましたので、当メルマガを通じて回答差し上げればと思います。

今回のアップデートは2020年5月8日以来のものであり、具体的にはこれまで同サイト上で公開されていなかった治験結果の詳細が開示されました。

同結果の詳細で注意すべき点が全脳萎縮進行度の項目です。

我々が得ていた情報は「MN-166の進行型多発性硬化症を適応とするフェーズ 2b 臨床治験(SPRINT-MS)に関して学会発表内容のお知らせ- イブジラストは全脳萎縮進行度を有意に抑制(48%)、安全性・認容性も良好 - 」でも記載されている通り、プラセボ対比でMN-166が全脳萎縮進行度を48%抑制したという事実です。

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT