《メルマガ会員》メディシノバ『Covid-19ワクチンの開発競争(第1集団編)』

- Advertisements -

<当記事は2020年08月05日にSKメルマガで配信された号外コンテンツの一部です。>

 

メディシノバが開発を開始することを決定したCovid-19ワクチンですが、開発進捗度に関しては大きく出遅れています。

ワクチン開発をリードするフェーズ3突入の第一集団はファイザー(米国)とモデルナ(米国)とアストラゼネカ(英国)です。

米国だけでのエンロール数はファイザーとモデルナが3万人超、アストラゼネカが1万人超と非常に大規模なフェーズ3となっています。

そしてファイザーとモデルナのワクチンは共にmRNAワクチンであり、ファイザーはBNT162b2ワクチンを、モデルナはmRNA-1273ワクチンの効果を検証します。

もともとファイザーは3つのワクチン(BNT162b1 / BNT162b2 / BNT162b3)の効果を検証する予定でしたが、他のワクチンと比較してBNT162b2が優れた忍容性を示したことからBNT162b2のみを治験に用いることを決定しました。

両者のワクチンは共にCovid-19のスパイク糖タンパク質(Covid-19ウイルスの突起部分)に変化する核(mRNA)に若干の手を加え、脂質ナノ粒子に導入した一般的なCovid-19のmRNAワクチンです。

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT