《メルマガ会員》メディシノバ『メディシノバ株価の怪奇と紐解き – NASDAQでの8200万株の出来高も添えて』

- Advertisements -

メディシノバがバイオコモ社とCovid-19ワクチンの開発に着手するプレスリリースを発端とし、同日のNASDAQ市場では約8200株もの出来高が観測されました。

メディシノバの株価は上値が重く、一般創薬ベンチャーであれば大幅な株価上昇となるようなポジティブな治験結果や特許取得のプレスリリースが発行されたとしても、株価に反応が無かったり、上昇持続性も低い状況です。

なぜこういったことが起こり得るかというと、メディシノバの株価形成が非常に不安定であることが原因です。

紐解くと、メディシノバの日々の株価形成はもっぱらJASDAQによって主導されていますが、その出来高は浮動株の割合からすると非常に小さく、さらにJASDAQが主導で価格形成を行っているにも関わらず、JASDAQに属する浮動株がNASDAQのそれの1/6~1/7と非常に少ないことがメディシノバの株価形成をより複雑にしています。

JASDAQとNASDAQの日米株式市場に上場しているメディシノバの詳細な浮動株は各個人で算出するしかありません。

メディシノバは現在44,711,883株を発行しています。

そのうち、同社取締役・執行役の持ち分はわずか2,325,033株(5.2%)であり、2020年6月末時点の上位10社の機関投資家の8,619,703株(19.3%)に比べ非常に小さい持ち分となります。

さらに里見治氏が保有する2,217,000株(5.0%)を含めると特定株は合計13,161,736株(29.4%)となり、浮動株は残りの31,550,147株(70.6%)と非常に多く存在することになります。

 

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT