<投資家Q&A-074-3>メディシノバ『3つの治験と導出契約の関係性』

- Advertisements -

<当記事は2020年07月12日にSKメルマガで配信されたコンテンツです。>

<当記事はSKブログへの転載ルール「同内容がメールマガジンで配信された日にちから10日以降」に基づき掲載されます。>

 

これまで、SKメルマガご購読の皆様からEメールにて沢山のご質問を頂戴致しました。

重複するご質問に対してはメルマガコンテンツとして詳細な情報を元に纏め上げ、ご購読の皆様へ配信してまいりました。

対して、個別への回答に関しては短文かつ簡潔に回答をさせて頂いております。

そしてこの度、一定数以上のご質問が集まったため、同内容をSKメルマガご購読の皆様と共有したいと存じます。

なお、ご質問の内容に関しては一部修正が施されている箇所もございます。

 

<質問:2020年7月1日>

①まず166アルコール依存症の治験について。

結果または中間解析は近く発表される可能性はありますか?

6/末の予定と思っていました。この結果に開示義務はありますか?

以前の質問で、結果には期待していないとのご回答があった記憶があるのですが、仮に結果が悪かった場合、株価は急落しますか?またどの程度下がると見込まれますか?(個人的には今の株価は安すぎてあまり下がらない気がします。むしろポジティブな結果なら大幅に株価の上昇を期待します)

②166のバイオアベイラビリティの試験も完了しているのでしょうか?

上記①②試験が完了していれば導出もいつあってもおかしくない状況に入ってきていますか?

まだもう少し時間かかりそうでしょうか?

 

<回答>

ご質問の回答につきましては以下に示します。

1.MN-166の2つのアルコール依存症適応フェーズ2治験について

・Ibudilast and Withdrawal-Related Dysphoria(主要項目完了日:2020年6月)
https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT03489850?term=ibudilast&draw=2&rank=17

・Ibudilast for the Treatment of Alcohol Use Disorder(主要項目完了日:2021年9月)
https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT03594435?term=ibudilast&draw=2&rank=12

 

同2つの治験の中間解析結果および主要項目の解析結果ですが、遅延がなければ近く発表される可能性は大いにあります。

また、同中間解析および主要項目解析結果の開示義務については、基本的には開示義務が発生するとの認識で宜しいです。

これは適時開示制度の「上場会社の運営、業務若しくは財産又は当該上場株券等に関する重要な事項」に基づいており、投資家保護のために働いております。

「結果には期待していない」との言及に関してはあくまでMN-166の中での話であり、MN-166の他のパイプライン(進行型MSやALSなど)に比べて「依存症治験は患者の渇望が治験結果に関与すること」をネガティブに捉えているからです。

この点が依存症治療薬開発の難しいところでもあります。

ですが、開発に否定的な意味ではなく、むしろ応援している点をご理解頂けると幸いです。

更に同治験結果(中間・主要項目ともに)がネガティブであった場合の株価ですが、ストップ安は覚悟しておいた方が宜しいと思います。

これはメタンフェタミン適応フェーズ2治験の結果がネガティブであった際と同様であると考えているためです。

しかし、例えネガティブであったとしても依存症パイプラインは進行型MSのそれに比べるとその期待値は低いため、メディシノバ株を売却する理由にはなりえないことにご留意下さい。

また、ポジティブであった場合はストップ高に近い値を付けると考えておりますが、上記同様に進行型MSに比べての期待値が低いため、その上昇圧力は一過性のもので終わると考えております。

 

2.MN-166のバイオアベイラビリティ治験について

同治験につきましては、アップデートによる治験完了日の修正日(2020年5月6日)と治験完了日(2020年5月31日)が近いことからも、少なくとも全てのデータ取得は完了していることと思います。

 

3.上記治験の導出交渉に与える影響について

2つのアルコール依存症治験の中間解析結果および主要項目解析結果と、バイオアベイラビリティ治験の結果が出揃うことは導出交渉の進捗対してはポジティブに働きます。

MN-166のパイプラインの中で直近で結果を待つものは上記であることからも、2020年7月以降は導出契約締結の可能性がその前と比べてグッと高まったと考えております。

 

■新たにメールマガジン購読を希望される方

以下のリンクにて、契約内容をご確認の上お申し込み下さい。
URL:https://skblog.me/mail-magazine

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT