《メルマガ会員》メディシノバ『NASDAQバイオテック企業の財務データを用いたメディシノバ株価の統計分析(クラスター分析:後編)』

- Advertisements -

当クラスター分析シリーズ前編でのメディシノバが含まれる3つのクラスターについて相関分析を行った結果、メディシノバの時価総額および資産規模では相関関係に当たる項目は無く、「時価総額を大きくする」もしくは「資産規模を大きくする」必要が適正な株価評価を受けるために必要である可能性が今回の分析で見出されました(当メルマガ添付:analysis-matrix20201004.pdf)。

さらにフリーCFクラスターの結果より、資金を開発に投下していない企業はそもそも事業価値評価を受けられない可能性が高いことも検出されました。

この様な状況下において、メディシノバの株価が適正な評価を受けるためにはどのクラスターに属すべきか、またはどういった状態に安定的にあればいいのかを当配信にて分析していきます。

時価総額クラスターでは第7クラスターに属するメディシノバですが同7クラスターでは時価総額と相関関係を持つ項目はありませんでした。

さらに同1〜6クラスターにおいても時価総額と相関関係を持つ項目は無く、さらに同2・3、同4・5、同6・7と階層を一つ上げた複合グループでは唯一同4・5クラスターのみが時価総額と相関関係を持つ項目が検出される結果となりました(「資産」「現金残高」の2項目)。

この解析結果を読み解くとNASDAQバイオテック企業を時価総額で括る場合、定量的に評価される企業は時価総額708百万ドル〜2,211百万ドルの間の時価総額を持つ企業のみであり、それ以外は心理的なセンチメントの影響を受けやすい企業であることが分かります。

続いて資産クラスターで見ていきます。

 

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT