<投資家Q&A-001>メディシノバ JASDAQ上場廃止リスクと株式移管手続きの必要性について

- Advertisements -

2019年6月14日付けで「メディシノバ 上場廃止基準に係る猶予期間へ突入」という記事を本ブログで公開しました。「メディシノバのJASDAQ上場廃止リスクと株式移管手続きの必要性について」ご質問を頂いたのでその回答を読者の皆さまと共有しようと思います。

・質問事項(一部抜粋)
1.(JASDAQ)上場廃止に付き
2.仮に上場廃止になっても、再上場を期待しジャスダックで保有し、初心(共感)を貫くべきか
3.ナスダックへの移管に付き

 

1.上場廃止について

メディシノバ 上場廃止基準に係る猶予期間へ突入」の記事でも考えを述べましたが、個人的にはJASDAQ上場廃止は無いと思っています。

その考えの前提となるのが、創薬ベンチャーの資金調達手段が基本的には新株発行によるものだからです。資金調達が新株発行によるものということは、株価に対して他業種の企業よりもより敏感にならざるを得ません。

そしてJASDAQ、NASDAQの両方に上場しているメディシノバとしては、JASDAQ上場廃止によるNASDAQ株価への大きな悪影響は避けたいと考えるからです。

それ以外にもメディシノバの現役員は買収リスクに対して神経質であることも株価低下に対する感度の高さを引き上げると思います。

 

2.再上場を期待しJASDAQで保有すべきか

株式投資家にとっては取引出来ない状態になることは絶対避けなければならないと思います。従って、私だったらJASDAQへの再上場を期待し取引が出来ない状態にもかかわらず保有し続けることはしません。それが例えどんなに愛着のある企業であってもです。

メディシノバの場合はJASDAQ、NASDAQの両方に上場しているため、同社株を保有し続けたいのであればJASDAQ対象の同社株を売却後、NASDAQ対象の同社株を購入する、もしくは「3-1.NASDAQへの移管について」でも触れるように、同社株のJASDAQ→NASDAQ移管をお勧めします。

 

3-1.NASDAQへの移管方法について

株式の市場移管や口座移管は株式投資家でも実際に行った経験がある方は少ないと思います。かく言う私も日本のマネックス証券からシンガポールのフィリプキャピタルにメディシノバ株を口座移管したことが1度あるだけです。

株式移管は聞き慣れないため難しいように思われますが、手続き事態は郵送で全て行えるため比較的簡単です。是非ご利用中の証券会社へメールまたは電話にて問い合わせをしてみて下さい。丁寧に案内していただけるはずです。

また、今回のメディシノバのケースのように日本と海外の両方の市場に上場していて、どちらかの市場で上場廃止となる場合、証券会社によっては自動で移管を行う場合もあります。

・バンクオブアメリカ社の自動株式移管について(東京証券取引所一部→ニューヨーク証券取引所 抜粋:マネックス証券)
当社においては、5月1日(月)の上場廃止後も、外国株取引口座を開設している場合は5月10日(水)(予定)以降、米国上場銘柄として残高が移管されますので、引き続き米国上場銘柄として保有、お取引が可能です。

 

3-2.NASDAQへの移管タイミングについて

仮にNASDAQへ移管をする(またはJASDAQの同銘柄売却後NASDAQで同銘柄を購入する)場合、適切なタイミングは11月下旬から12月上旬にかけてではないでしょうか。

これはメディシノバ株の取引がJASDAQでより活発だからであり、同銘柄を保有すべきなのはJASDAQでと思っているからです。

また、移管手続きをせずに上場廃止になったとしても先のマネックス証券でのバンコクオブアメリカ社のケースのように問題なく市場移管をすることも出来ることがほとんどです。ですので、現時点で市場移管に対して焦る必要は無いと思います。

 

今回の質問者様は10年間メディシノバ株を保有しているそうです。私が同社株を保有し始めたのは2014年6月からなので、私よりもずっと長い間同社に対して愛着を深めてきたと思います。そのようなメディシノバ歴の長い投資家様に僭越ながらも言葉を送れる機会を頂けとても幸いです。

今回のメディシノバのJASDAQ上場廃止リスクはあくまでも株価下落リスクであって取引不能リスクではありません。

そのため、メディシノバの事業を評価し保有しているのであれば私から言えることは「自信を持って保有し続けて下さい」という一言です。若輩者ですが、自分の選択を信じ通すことが投資だけでなく人生の肝だと思っています。

 

<調査銘柄の概要>
4875 : メディシノバ / MNOV : MediciNova
住所 : (日本支社)東京都港区西新橋1-11-5-5F / (本社)4275 Executive Square, Suite 300, La Jolla, California
電話番号 : 03-3519-5010 / 1-858-373-1500
HP : https://medicinova.jp / https://medicinova.com

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT