<投資家Q&A-081-1>メディシノバ『導出交渉の障壁の破砕』

- Advertisements -

<当記事は2020年08月19日にSKメルマガで配信されたコンテンツです。>

<当記事はSKブログへの転載ルール「同内容がメールマガジンで配信された日にちから10日以降」に基づき掲載されます。>

 

これまで、SKメルマガご購読の皆様からEメールにて沢山のご質問を頂戴致しました。

重複するご質問に対してはメルマガコンテンツとして詳細な情報を元に纏め上げ、ご購読の皆様へ配信してまいりました。

対して、個別への回答に関しては短文かつ簡潔に回答をさせて頂いております。

そしてこの度、一定数以上のご質問が集まったため、同内容をSKメルマガご購読の皆様と共有したいと存じます。

なお、ご質問の内容に関しては一部修正が施されている箇所もございます。

 

<質問:2020年8月7日>

昨夜ついにアルコール依存症の結果がわかりました。しかも良好で。

これで導出への障害は無くなったと考えてよろしいでしょうか?

いつあってもおかしくないですか?それとも1か月以上はかかるイメージでしょうか?

 

<回答>

MN-166の導出交渉に対する「MN-166(イブジラスト)のアルコール使用障害および離脱を適応とするフェーズ 2 臨床治験」の影響についてご質問を頂戴しました。

https://medicinova.jp/wp/wp-content/uploads/2020/08/08062020.pdf

 

同治験において評価項目に「大量飲酒の日数」が含まれていたことから、より大規模な「Ibudilast for the Treatment of Alcohol Use Disorder」治験(予定エンロール数132人)の結果を待たずして交渉の席に付くことが可能であると考えられます。

https://clinicaltrials.gov/ct2/show/NCT03594435?term=ibudilast&draw=2&rank=12

 

よって、MN-166の導出交渉の障害は全てクリアになったと考えて宜しいと思います。

導出交渉がまとまる時期は「いつあってもおかしくない」と考えておりますが、それは一ヶ月以内を指すことではなく、日々「明日起こってもおかしくない」という強い保有維持理由として受け止めて頂けると幸いです。

 

◆SKクラス(無料)

一緒に学んで、一緒に稼ぐ|株式投資バイブル〈SKクラス〉
URL:https://skclass.me

■新たにメールマガジン購読を希望される方

以下のリンクにて、契約内容をご確認の上お申し込み下さい。
URL:https://skblog.me/mail-magazine

- Advertisements -

Recent Comments

ADVERTISEMENT