メディシノバ『MN-166による進行型多発性硬化症治療薬の自社フェーズ3治験の考察(適応症の修正編)』【SKメルマガ巻読みのご紹介】

- Advertisements -

■ 当記事はSKメルマガ巻読みのPMS(進行型多発性硬化症)パッケージ1に含まれるコンテンツのご紹介です。SKブログでの紹介記事は本文の30%程度です。

■ PMS(進行型多発性硬化症)パッケージ1の詳細はコチラから

■ タイトル:メディシノバ『MN-166による進行型多発性硬化症治療薬の自社フェーズ3治験の考察(適応症の修正編)』

 

2021年年次総会招集通知に同封された社長メッセージの文中に「当社は、導出・共同開発という選択を主線としつつ、自社で実施可能な第3相治験についてもあらためて検討し、その計画を立案中であることをお伝えさせていただきます。」と記載があったことから、MN-166の導出契約の行方、および、自社によるPMS(進行型多発性硬化症)フェーズ3治験の方法や可能性について考察を致します。

https://medicinova.jp/wp/wp-content/uploads/2021/05/05222021.pdf

 

まずMN-166の導出契約の行方につきましては、残念ながらその(導出契約が締結される)可能性は極めて低くなったと言わざるを得ません。

そして、導出契約を締結しない限り、資金面の理由でPMSフェーズ3治験の実施は難しいことに変わりが無いため、自社でのフェーズ3治験の計画を立案していることに疑問を感じるかと思います。

自社での同フェーズ3治験を行う場合、「1.資金獲得の手段の変更」、「2.治験プロトコルの変更」、「3.適応症の修正」が主に考えられ、今回の自社フェーズ3治験の計画に関しては「3.適応症の修正」が可能性として最も高いと考えております。

導出契約締結を前提としたPMS治療薬の開発ではEDSSスコアをエンドポイントの指標とするnaSPMS(無再発二次性進行型多発性硬化症)を適応とするものでしたが、自社開発では視覚障害度(コントラスト感度、視野の広さ、視力)をエンドポイントの指標とするPMS(内、naSPMSを主要ターゲットとする可能性が高い)に起因する眼疾患(視神経炎)を適応とするのではないのでしょうか。

 

■ PMS(進行型多発性硬化症)パッケージ1に含まれるコンテンツ(☆:当記事)

・
メディシノバ『Ocrevusの四半期売上高を用いたインターフェロンβ併用特許におけるMN-166(進行型多発性硬化症治療薬)のグローバルでの売上高シミュレーション』【配信日:2021年9月19日】

・メディシノバ『MN-166による進行型多発性硬化症治療薬の自社フェーズ3治験の考察(治験プロトコルの変更編)』【配信日:2021年6月6日】

☆メディシノバ『MN-166による進行型多発性硬化症治療薬の自社フェーズ3治験の考察(適応症の修正編)』【配信日:2021年5月24日】

・メディシノバ『進行型多発性硬化症を適応とするMN-166とインターフェロンβの併用療法に関する特許公開資料の解説とフェーズ3治験に向けた見解』【配信日:2021年1月10日】

 

■ 販売価格

・VISA / MasterCard(代行業者:PAY.JP):440円(税込)

・AMEX(代行業者:Stripe):480円(税込)

 

■『SKメルマガ巻読み』の概要

1.対象コンテンツ

2020年12月30日〜2022年1月16日の期間に『SKメルマガ』で配信され、『SKブログ』にて公開されていないコンテンツ(詳しくはコチラ)。

2.販売済みパッケージ

ALS(筋萎縮性側索硬化症)パッケージ1【4配信分】(販売日:2022年1月25日)

PMS(進行型多発性硬化症)パッケージ1【4配信分】(販売日:2022年1月29日)

 

■新たにメールマガジン『SKメルマガ』の購読を希望される方

以下のリンクにて、契約内容をご確認の上お申し込み下さい。
URL:https://skblog.me/mail-magazine

Recent Comments

ADVERTISEMENT