メディシノバ『進行型多発性硬化症(PMS)治療薬の共同開発とALS治療薬の自社開発から算出する目標株価(目標株価の算定)』

- Advertisements -

■ 当記事はSKメルマガ巻読みのバリエーション(株価評価・パイプライン価値評価)パッケージ1に含まれるコンテンツのご紹介です。SKブログでの紹介記事は本文の一部です。

 

前回まででMN-166によるPMS(進行型多発性硬化症)治療薬の共同開発とALS治療薬の自社開発の成功を前提とした場合の現在価値(将来売上高の現在単年度売上高への変換値)を算出しました。

本配信ではその結果を用いたメディシノバ株の目標株価を算出します。

目標株価算出に際して、時価総額10億ドル〜100億ドルに該当するNASDAQ上場バイオテック企業159社を対象に、MN-166が上市した場合のメディシノバと財務状況(売上高成長率が急増かつ売上高10億ドル以上)が類似すると見込まれる企業3社を抽出しました。

同3社はそれぞれSage Therapeutics(SAGE)、United Therapeutics Corporation(UTHR)、Neurocrine Biosciences(NBIX)です。

(図表1.抽出企業の経営実績と株価指標 添付ファイル:3biotech.png)

図表1は上記3社の時価総額および経営実績と株価指標を示しており、全159社においてはPSR(株価売上高倍率)が10倍以上が殆どを占めていますが、売上高が10億ドルを超えてくるとPSRは10倍以下に収束する傾向があります(売上高0または極小:48社、PSR10倍以上:98社、PSR10倍未満:13社)。

上記3社およびMN-166のPMS/ALSの上市を前提とするメディシノバの様に、売上高が急成長しているものの、収益が安定しないバイオテック企業の株価指標にはPSRが適切です。

MN-166のPMSとALS治療薬の現在価値は2,284百万ドルであるため、平均PSR6.09を用いると時価総額は13,910百万ドルとなります。

 

 

■ バリエーション(株価評価・パイプライン価値評価)パッケージ1に含まれるコンテンツ

・
メディシノバ『進行型多発性硬化症(PMS)治療薬の共同開発とALS治療薬の自社開発から算出する目標株価(目標株価の算定)』【配信日:2021年3月7日】

・メディシノバ『進行型多発性硬化症(PMS)治療薬の共同開発とALS治療薬の自社開発から算出する目標株価(ALS編)』【配信日:2021年2月28日】

・メディシノバ『進行型多発性硬化症(PMS)治療薬の共同開発とALS治療薬の自社開発から算出する目標株価(PMS編-MN-166の価値)』【配信日:2021年2月21日】

・
メディシノバ『進行型多発性硬化症(PMS)治療薬の共同開発とALS治療薬の自社開発から算出する目標株価(PMS編-3大PMS治療薬とMN-166)』【配信日:2021年2月14日】

 

■ 販売価格

・VISA / MasterCard(代行業者:PAY.JP):440円(税込)

・AMEX(代行業者:Stripe):480円(税込)

 

■『SKメルマガ巻読み』の概要

1.対象コンテンツ

2020年12月30日〜2022年1月16日の期間に『SKメルマガ』で配信され、『SKブログ』にて公開されていないコンテンツ(詳しくはコチラ)。

2.販売済みパッケージ

ALS(筋萎縮性側索硬化症)パッケージ1【4配信分】(販売日:2022年1月25日)

PMS(進行型多発性硬化症)パッケージ1【4配信分】(販売日:2022年1月29日)

バリエーション(株価評価・パイプライン価値評価)パッケージ1【4配信分】(販売日:2022年3月5日)

 

■新たにメールマガジン『SKメルマガ』の購読を希望される方

以下のリンクにて、契約内容をご確認の上お申し込み下さい。
URL:https://skblog.me/mail-magazine

Recent Comments

ADVERTISEMENT